オリーブとローレル(月桂樹)の石鹸🌿


久しぶりに入荷してます!
やっぱりこれがあると安心するのです。

痒みが出ちゃうお肌の方にオススメの石鹸なんですよ😊

ただ香りはですね、粘土みたいだねw

それが気にならない方には本当オススメなんですよねー。

試しにお一つどうですか?!


アレッポ石鹸【アラブの宝石】 | fumrama powered by BASE

【アレッポ石鹸】アラブの宝石シリア産オリーブオイルとローレル(月桂樹)オイル配合の手作り石鹸です。顔も身体も洗える万能な自然石鹸。香りは粘土みたいなので、そこが気にならない方に。190g770円税込◎パラベン不使用◎合成界面活性剤不使用◎ラウレス硫酸不使用◎ポリエチレングリコール不使用◎人工香料不使用◎アレルギーテスト済み (すべての人にアレルギーが起こらないとは限りません)<アラブの宝石 (アレッポ石鹸)とは?>古代エジプトの人々、 中世の貴婦人も愛用し、現在でも「美人をつくる石鹸」 「最高級の自然石鹸」 として高い評価を得ています。 このアラブの宝石は、西に地中海、東に砂漠のある、 シリアのアレッポという都市で誕生しました。 地中海からの雨の恵み、そして 砂漠の熱気がオリーブの実を育て、収穫の秋である10月に 熟した新鮮な実からオリーブオイルが搾られます。 シリアはその昔、東西貿易の中継地として栄え、 アラブの石鹸の手作り製法はフランスのマルセイユへ伝わり、そこから世界へと広がりました。 石鹸の発祥地のシリアには、 数千年の歴史を経て今なお、 石鹸作りの伝統が生き続けています。<アラブの宝石の特徴>石鹸は、そのほとんどがオイル成分から構成されているため、オイルの品質は、 石鹸の品質にダイレクトに繋がります。 そのため、 アラブの宝石で使用されるオリーブオイルは、 自社オリーブ農園で手摘みした新鮮なオリーブの実を 品質を保つためにコールドプレス法で圧搾し、食用にもできるヴァージンオリーブオイルを石鹸作りに使用しています。アラブの宝石は、大釜に、ヴァージンオリーブオイルと水、苛性ソーダを入れ、 3昼夜もの間、熱を加えながら練り上げます。 このとき、加熱しすぎるとオイルが劣化してしまうため、 オイルの品質が保たれる温度に設定しています。 その後ローレルオイルを加え、 液体状の石鹸が出来上がります。 出来上がった石鹸は、最終的に検査機関にて検査を受けます。 防腐剤、合成着色料、合成香料、合成界面活性剤は、一切使用していません。<自然乾燥と熟成>出来上がった石鹸は、手作業でカットされた後、風通しの良い室内で自然乾燥にさらされます。 初めは深緑色の石鹸の表面が、 乾燥するにつれて徐々にベージュ色に変わっていきます。 外側は茶系統、中身はグリーン。 これがシリアの石鹸のよく知

fumrama











O-WAY(オーガニックウェイ)のシャンプーやトリートメント、ヘアオイル、ワックスなどの通販サイトです。


他のヘアケアブランドもご覧になれますよ☆  ⬇︎

FUMPのホームページはこちらから⬇︎

FUMP ginza flower energy

フラワーエッセンス、メディカルアロマ、オラクルカードでエネルギーケアするヘアサロン

【 rolland ローランドとは?】

◉イタリア・ボローニャを拠点とする歴史と伝統のある美容総合メーカー。

1948年戦後すぐに創業し、当時は上流階級向けに香水を販売。

1955年には、イタリアで初めてヘアスプレーを発売し、以後はサロンプロフェッショナル製品に集中。

現在では世界60カ国に商品を流通し、オーガニックとデザインの融合で“GREEN CHEMISTRY”を提唱している。

【O-WAY オーガニックウェイとは?】

◉ローランド社独自の植物美容研究のすべてが集約された本質的なヘアケア。

植物のもつパワーを最大限に引き出すことで、高い環境性能と高品質の両立を実現!

さらには、髪質やヘアデザインに応じた提案ができるよう、10種類以上のヘアケアラインナップ。

オーガニックを超えるのはオーガニックだけ。

以下、3つの特徴あり。

⑴パッケージデザイン

琥珀ビン(医薬品保存用レベル)とアルミを採用したスタイル。

高級感漂うデザイン性のみではなく、高濃度で調合された自然成分やエッセンシャルオイルの純度を維持する保存性を最大限に引き出す。

⑵バイオダイナミック農法

自社農場“ORTOFFICINA”にて…

もっとも純粋でクリアな状態で植物を栽培することができる農法。別名「野生農法」とも。

→高濃度かつ有効な植物エキスを抽出するための3つの原則

⒈農薬を含む、一切の合成肥料を使用しないこと

⒉自ら病気や寄生虫から防御できる健康的な植物を育てること

⒊高性能なエッセンスを豊富に含んだ質の高い植物を育てること

⑶フェアトレード

世界中の発展途上国サポートのために。

イタリアの気候下での栽培以上に、適した場所で育てられた植物の成分は積極的に採用。

アマゾン流域地区、オーストラリア先住民地区、インドシナ半島、アフリカ地域のうち、486の地域で生産された植物を厳選・使用。それにより、地域社会の経済開発を促進。

0コメント

  • 1000 / 1000